2013年12月28日

年末・年始の営業予定です。

いつもお世話になっております。

デンタルスクエアサポートセンターでは、2014年12月30日~2015年1月4日まで年末・年始休暇をいただいております。年始は2015年1月5日から通常営業をしておりますので宜しくお願い申し上げます。

なお、メール等でのお問い合わせは、順次対応をさせていただきます。

2011年10月25日

東北瓦礫からの鳥インフルエンザパンデミック関連の情報です。個人備蓄を推奨しております。

東北瓦礫からの鳥インフルエンザパンデミック関連の情報です。海外では鳥インフルエンザの話題が出てきていますが、国内ではパンデミックに関する報道はあまりなく、リスクマネジメントの発想はないのが現実のようです。
私の投稿が岡山県環境カウンセラー協会の季刊誌に掲載されましたのでご案内しておきます。
ご参考になれば幸いです。

鳥インフルエンザによるパンデミックは近い将来ですが、起こると言われていますので、事前に対応策を考え、準備しておくことをお勧めいたします。

以下は知人が学会に参加しており、各組織に事業継続管理(BCM)等の観点から、通勤、出張、来客対応、実務業務対応等で対応製品の備蓄を推奨しています。
------------------------------------------------------------------------------------
こんにちは"強毒「H5N1」インフルエンザ"です。

世界の科学者や国連組織が警鐘を発しています!

①鳥インフルエンザH5N1に変異株発生
②渡り鳥の繁殖地シベリアにH5N1定着の可能性
③豚に感染⇒ハンデミック発生の可能性高まる


           (大流行)

(日本国もワクチンの製造体制に1,000億円交付金決定)

煽るわけではありません。前回の新型インフルエンザがあまり
にも軽かったため、国民の中に「妙な安心感」が出たと言われ
ています。本資料は、この1ヶ月間の動きのペ一パーです。
大地震発生の可能性だけではなく、重篤なハンデミック発生の
可能性も直視し、その対策を行いましょう


そして日本での想定される死者の数は
厚生労働省の試算・・・64万人
海外シンクタンク〔豪州・ロウィー研究所〕試算・・・210万人
致死率20%を勘案・・・650万人


これは放射能の脅威より、桁違いの死亡率の予想です。
各家庭や会社で、「H5N1」ウイルスの滅菌性の有る世界で
唯一の全てのウイルスのプロテクターのバリエール
1名当り、100枚程度の備蓄しましょう。

http://www.mochigase.co.jp/dd.aspx?menuid=1134
------------------------------------------------------------------------------------
引用終わり

いくら優秀な企業でも、社員を守ることが出来なければ、ビジネスは根底からひっくりかえります。
この機会に、転ばぬ先の杖として、ご検討されては如何でしょうか?
ご参考になれば幸いです。

PS
出張族社員のバッグにマスクが5枚有るだけで、命拾いする可能性は極めて高いです。見た目は同じでもパフォーマンスの高いマスクを推奨
いたします。皆様のご安全を祈念しております。

 

参考情報:

強毒「N5H1」インフルエンザ.pdf

強毒性「H5N1」インフルエンザパンデミック-1.pdf

鳥インフルエンザウイルスを完璧に滅菌のプロテクター.pdf

2011年4月25日

2011年ゴールデンウィークのお知らせです。

いつもお世話になっております。
デンタルスクエアサポートセンターでは、2011年4月29日~5月8日までゴールデンウィーク休暇をいただいて おります。2011年5月9日から通常営業をしておりますので宜しくお願い申し上げます。 なお、メール等でのお問い合わせは、順次対応をさせていただきます。

2011年3月19日

東北関東大震災を受けて、強く想うこと! 心の被災者は頑張って仕事しましょう!

皆様

2011年3月11日の東北関東大震災から一週間が経過しました。
あらためて被災者の方々に、心からお見舞いを申し上げます。とにかく『お気をつけて!』ください。
今回の災害を機に、地震、津波、福島原発、異常な寒さ、日本の沈滞ムード等のいろんな問題が有ります。

今回の被災ですが、何を被災と考えるかですが、災害の被災者ですが、あまりの幅が有り過ぎて定義が判りません。まずは復興出来るようにエリアごとに必要な物資は違うと思いますので、国としての統制を行い、リスクに応じた対応を順次行っていくことを強く求めたいと思います。
今後は、被災程度を上手く分類をして、原因を除去できる対応策を考えていく必要性を強く感じています。
被災は、予測出来た対策を越えた状況化で被災ですから、既に起こったことはどうしようもない事実です。これは緊急対応で命の危険から身を守る活動を緊急対応として行う初動対応が極めて重要だと考えます。
今後は、4次被害にあわないように、どのような対応策をとるかは、お持ちに資産により変わると考えます。
したがって、行政が主導して、どのような町づくりをするのか、被災地を復興させるのか、それとも町のモデルを変えて、被災地を捨て、津波のないエリアに移住するのか等を含めて、グランドプランを考えていく機能が必要だと思います。
被災地には、いろいろな方がいらっしゃると思いますので、国を先頭に、そのようなモデルを意識しながら、国づくりを議論する必要があると思います。
原発を捉えても、今回の事故の原因は、圧力容器の問題ではなく、津波時の自家発電の問題です。発電所で自家発電の大問題が起こるということは、設計開発プロセスから考えると自家発電インフラの設計ミスだと言えると思われます。
この地震で、原子力発電所をやめる議論は当然として起こりえると思いますが、国を挙げて全体で議論すべきテーマだと強く感じております。
被災者に幅が有りすぎて、どのようにメッセージを投げかけるかは難しいです。
ただ一言、『お気をつけて!』 でしょうか。
我々、零細企業経営者は、違う意味で『経済難民である被災者』かもしれません。毎日、復興中です。
したがって、要らんこと言わずに、みんなが仕事することです。国の形を議論できるように勉強することが大事だと思います。

どちらにしても、国としてどの程度のリスク(どのような災害に対して対応出来る国をつくるか)に対応する仕組みを作るかの本質的な議論の必要性を考える時期に来ていると思われます。国の危機管理を含めたマネジメントモデル化が急務です。
これを国が出来ないのなら、民間として代行出来るモデルの提案がしたいですね。
それでも駄目なら、・・・ですか?

自分の想いを含めて記録しました。

ではお気をつけて!

2011年3月13日

<東北地方太平洋沖地震関連>東北地方太平洋沖地震につきまして

いつもオフィスネットワーク デンタルスクエアサポートセンター事業部をご利用をいただき、ありがとうございます。
このたびの東北地方太平洋沖地震の被害に遭われた皆さまに、心よりお見舞い申し上げます。
弊社におきましても、可能な手段で災害復旧及び危機管理推進のお手伝いをさせていただきたいと考えております。

被災者の方々の心のケアを含めて、早期復旧を切に願っております。

以上

                                                  2011年3月13日
                                          有限会社オフィスネットワーク
                                                                                              デンタルスクエアサポートセンター事業部

<東北地方太平洋沖地震関連> 3月14日(月)の業務稼動について

関連各社スタッフ及びその家族の安否確認は取れていますので、 3月14日(月)の業務は、通常どおり行います。

以上

                                               2011年3月12日
                                              有限会社オフィスネットワーク

                                                                                                             デンタルスクエアサポートセンター事業部